病院でも処方されているチャンピックスという薬があります。これは服用するだけで自然とタバコを必要としない体にしていく禁煙補助剤となっています。禁煙で目覚ましい変化を味わってください。

緑のカプセル
多色な薬

チャンピックスは、体内にニコチンを取り込まずに禁煙治療ができる飲み薬ですが、この効果をもたらしているのはチャンピックスの有効成分であるバレニクリンの働きによるものです。
喫煙がやめられない大きな原因は、タバコに含まれているニコチンです。
肺胞で大量に吸収されたニコチンは、血流にのって体内を循環し、やがて脳内でニコチン受容体と結合してドーパミンを放出させます。
ドーパミンは、感情の変化によって自発的に放出されるものですが、喫煙を続けていくうちに身体が慣れていってしまって、自発的にドーパミンを放出する力が失われていきます。
これが続くと、ニコチンを体内に取り込まないと気分が落ち着かなかったり、頭痛や吐き気などが生じたりするようになり、このような状態から逃れるために喫煙をしてニコチンを取り込むようになります。
これがニコチン依存症にかかっている人の身体の状態です。
チャンピックスに含まれているバレニクリンは、ニコチン受容体に作用する物質です。
受容体に作用する医薬品の多くは、活性化させるか、阻害するかのどちらか一方の働きしか示しませんが、バレニクリンは両方の働きを示します。
具体的には、バレニクリンはニコチン受容体と結合してニコチンが受容体と結合するのを阻害するとともに、受容体を刺激して少量のドーパミンを放出させます。
これにより、離脱症状と喫煙によって得られる満足感を抑えながら、ニコチン依存症から脱却することができます。
従来の禁煙補助薬は使用を開始する日から喫煙をやめなければなりませんでしたが、チャンピックスは上記のような作用により、服用をはじめてから1週間が過ぎるまでは薬を飲みながら喫煙を続けることができます。
当然、服用開始から1週間の中でタバコを吸いたくなくなった場合は、その時点で禁煙を開始してもまったく問題ありません。